国立大学法人佐賀大学教育学部

小中連携教育コースの教員(言語・社会系)

達富 洋二

職名:教授
専門:国語科授業論
主な授業科目:初等国語科教育法、中等国語科教育法

国語科授業はどのようにすすめるのか,国語科単元学習はどのようにつくるのか,教室の声はどのように聞くのか。そしてそこから何を学び,何を創造するのか。というように教室の事実に学ぶことからはじめています。

  

谷口 高志

職名:准教授
専門:中国文学、漢文学
主な授業科目:中国文学概説、中国文学史論

中国の古典文学、特に唐代の詩と散文を研究しています。目下の研究テーマは、自然、藝術、趣味・嗜好など。授業では、作品を丁寧に読み解きながら、中国文学が人文学として持つ面白さについて考えていきたいと思います。

  

竜田 徹

職名:准教授
専門:国語教育学
主な授業科目:初等国語科教育法、中等国語科教育法Ⅱ

国語教育の目標の研究や、読書指導の研究が専門です。学校や社会におけることばの教育の望ましいあり方を研究しています。月に一回、研究室主催の読書会を開いています。
研究室ホームページhttp://tatta595.jimdo.com/

  

張 韓模

職名:教授
専門:国際経済学
主な授業科目:経済学要論、経済学特別講義

国際経済論、特に国際通貨システムを研究分野としていますが、授業は国際経済関係を中心に進めます。主に取り上げるテーマは日本経済の動向、日米経済関係、アジア間経済協力、通貨統合、地域共同体、発展途上国の現状と課題などです。

  

吉岡 剛彦

職名:教授
専門:法哲学
主な授業科目:法学要説、法学特別講義、法学演習

人びとが互いに他者の声を傾聴し合う関係のうちに「法(正しさ)」の存立を見定める法理論を基礎として、社会的に不利な立場に置かれがちな少数者(マイノリティ)の人権保障や、ジェンダーの問題などに関心をもって研究しています。

  

鬼嶋 淳

職名:准教授
専門:日本近現代史
主な授業科目:日本史特別講義Ⅰ、日本史演習Ⅰ~Ⅳ

地域で暮らす人びとにとって身近な問題である健康・衛生・医療・福祉・生活といった側面に注目して、近現代日本社会の歴史(主に1930~1970年代)を研究しています。

  

後藤 正英

職名:准教授
専門:倫理学、宗教学
主な授業科目:倫理学要説、倫理学演習Ⅰ

狭義の研究対象は近代ドイツの哲学や宗教思想ですが、多様な価値観の混在する現代社会において共生を可能にする枠組みについて幅広い観点から考察しています。最近は子ども哲学やアドラーの教育論にも関心をもっています。

  

小野 浩司

職名:教授
専門:日英比較音韻論
主な授業科目:英語音声学演習I

英語でコミュニケーションをするために必要な音声学的な知識や日英の音韻法則の違いなどを研究しています。英語の発音がよくなることはもちろん、あなたの知らない音声の法則性につてもわかりやすく解説します。

  

木原 誠

職名:教授
専門:アイルランド文化・文学、ヨーロッパ精神史学
主な授業科目:英米文学講読I、異文化理解論

ヨーロッパの極西に位置するアイルランド文学、文化を中心に、ギリシア・ラテン文化とは異なる幻の第三の文化、ケルトの思考様式を研究しています。特に、妖精を生み出すケルト的思考に関心があります。趣味は、ダイビング、ヨット、幽霊との交流、夢想などです。

  

林 裕子

職名:准教授
専門:英語教育学
主な授業科目:英語科教育法I~IV、小学校英語活動

英語教育学・応用言語学を専門としています。小学校英語教育における初期リテラシー活動や、言語習得を支える作業記憶について研究を進めています。授業では、英語教員に必要な語学力・授業実践力・学術スキルの向上を図ります。

  

中里 理子

職名:教授
専門:日本語学
主な授業科目:国語要説、国語表現論、国語学演習I~IV

オノマトペを中心に日本語の語彙について研究しています。授業では、現代語・古典語を対象とした語彙・文法・音韻の特徴や文章表現など、国語科の基礎となる知識を扱っています。基礎知識を身につけるとともに、言葉の面白さを学びましょう。

  

正寶 直美

職名:准教授
専門:教科教育学(書写・書道)
主な授業科目:書道Ⅰ~Ⅳ、書道科教育法、書写

将来、文字を取り巻く環境が変化しても、文字を書くという文化を大切にし、社会や学校教育に活かす書教育について取り組んでいます。文字の変遷や歴史的背景、文字に内包する機能性や美について考え、次世代に「書」をつなぐ人材育成を目指しています。

初等教育主免専攻のページへ ➡

中等教育主免専攻のページへ ➡

小中連携教育コースの教員(理数系)のページへ ➡

小中連携教育コースの教員(実技系)のページへ ➡