幼小連携教育コース

子どもたちをしっかり見つめ支えたい

子どもの生活・発達・学習について、心理、教育・保育、特別支援教育の視点から専門的知識や技能を学びます。また、これらの知識や技能をもとに子どものニーズや課題を把握できる教員を養成します。

幼小発達教育専攻

「幼小発達教育専攻」では、子どもの発達を心理学、保育・幼児教育学、教育学の観点から包括的に捉えることのできる力を育みます。保育士試験に対応する科目も開講し、幼児教育のより一層の充実を図つています。

幼少発達教育専攻イメージ

特別支援教育専攻

「特別支援教育専攻」では、特別な教育的ニーズを持つ児童生徒に対し、一人ひとりにどんな配慮が必要なのか、個別に判断し、適切な教育的支援を行える能力を育てます。本専攻の卒業必修科目をすべて修得すると、小学校教諭一種免許状と特別支援学校教諭一種免許状の2種類の教員免許を取得できます。

特別支援教育専攻イメージ

主な授業紹介

幼小連携教育論

幼小連携教育論

この授業では、保育・幼児教育、小学校教育それぞれの特徴を理解しながら、保育所・幼稚園・認定こども園から小学校へのなめらかな接続について学んでいきます。そのために、子どもの発達に関する理解とともに、小学生と幼児の交流活動の進め方や教員同士の連携の持ち方、教育行政での取り組みといった教師の果たす役割について理解を深めることを目指します。

道徳教育と学級経営

道徳教育と学級経営

学級は、子どもたちにとって小さな社会です。多様な他者とお互いの違いを認め合い、生き方の基本を学びます。どんな集団が望ましい集団なのか、子ども同士のつながりをどう作っていくのか、教員の社会観・子ども観が問われます。道徳意識を高める学級づくりの理念と方法論について学びます。

保育表現演習Ⅲ(造形表現)

保育表現演習Ⅲ(造形表現)

保育や幼児教育の実践の中で、表現活動を通して感覚や感性の芽生えを引き出し育てていくことは、とても大切なことです。様々な素材を使った造形演習と相互批評を通して、身の回りの人やものへ働きかけることが、どのように幼児の学びや育ちにつながり展開していくのかを探究していきます。

特別支援教育総論

特別支援教育総論

特別支援教育の基礎を学ぶ授業です。日本の障害児の教育制度(特別支援教育)や歴史、各種障害(視覚障害、聴覚障害、知的障害、肢体不自由、病弱、発達障害等)の理解と支援のあり方、障害児を取り巻く家庭や地域社会における課題等を学びます。分かり易く満足のできる授業作りを心がけています。

幼児・児童発達論

幼児・児童発達論

生涯発達心理学的観点から、特に幼児期および児童期を中心とし、この時期特有の発達の道筋や特徴について請義します。幼児期から児童期にかけて、知ること、ことば、自我および人間関係の発達について理解し、幼児期から児童期への移行期の問題いわゆる小1プロブレムについてどう対応するべきなのかを考えます。

カリキュラム

入試情報

幼小連携教育コースの教員

ページトップへ