学校教育学研究科(教職大学院)Graduate School of Teacher Education (Professional Degree Course)

平成28年4月 佐賀大学に「学校教育学研究科」オープン!!

「学校教育学研究科(教職大学院)」って何?

近年では、社会の大きな変動が認められます。そのため、様々な専門的職種や領域において、大学院段階での高度な専門的職業能力を備えた人材を養成しなければなりません。

学校教育の分野では学力問題、いじめや不登校、少子化による学校の統廃合などの課題が大きくなっています。したがって、それらの課題に対応できる高度な力量ある教員が求められます。こうして、高度専門職業人養成としての教員養成に特化した教職大学院が創設されます。

教職大学院は、次の人材養成を目的としています。

  1. 学部卒業者を対象に、実践的指導力を備え、将来性がある即戦力となる新人教員の養成
  2. 現職教員を対象に、地域や学校における指導的役割を果たし得るリーダー教員の養成

カリキュラムは、実践的指導力の育成を目標に、事例研究や模擬授業などの教育方法によって展開されます。そのための指導体制を整え、研究者教員と実務家教員とが共同し、学部及び教育学研究科(修士課程)など他の教職課程以上に、高いレベルで実践的な教員養成を行います。(文部科学省HPを参照)

Graduate School of Teacher Education (Professional Degree Course)

This graduate school provides students with opportunities to acquire a high level of teaching abilities through curriculum bridging theory and practice. The school consists of three courses: Teaching Practice Course, Child Support Course, and Educational Administration Course, where students can develop practical instructional skills as a goal in learning through active methods such as case studies and mock classroom instructions.

The graduate students are divided into two subtypes.

  1. Students who enter this program after completion of their undergraduate studies at colleges or universities
  2. Students who are in-service teachers dispatched from the Saga Prefectural Board of Education

「学校教育学研究科」の特徴と進学することのメリット

  • 教育現場の実践的課題に対応したカリキュラムで学修できる
  • 教育現場で活かせる実践的な知識や技術が身に付く
  • 専修免許が取得できる
  • 教職修士(専門職)の学位が授与される

佐賀大学の「学校教育学研究科」は、ココが特徴!!

  • 授業実践探究、子ども支援探究、教育経営探究の3コース、演習中心の授業
  • 教育実習は、自己の課題に応じて各自計画、2年間で10単位
  • 研究者教員と実務家教員(現職教員、指導主事等)がペアで指導

広報誌と関係資料をダウンロード

教職大学院の教員

パンフレットをダウンロード

チラシをダウンロード

ページトップへ